宮古島の秘郷・大浦部落

大浦(うぷら)は宮古島の中心地から車で10分。市内にも近く、古くからある由緒ただしい部落です。 それなのに、島の人々にも「大浦ってどこにあるの?」と言われてしまう不思議なところ。 観光名所はないけれど素朴で楽しい大浦部落に住む、早期退職オヤジの暮らしを紹介します。 (注:沖縄では集落のことを部落と呼びます。差別的な言葉ではありません)

千葉県に大被害を与えた台風15号に引き続き、さらにヤバそうな台風19号が本土に接近中。
グラフィックス1
これは沖縄の人が良く使ってる台風情報のWindy.com 
気象庁の予報よりも早く長期の予想が見れるので便利です。

950ヘクトパスカルという猛烈な強さですから、最大風速は毎秒50m。瞬間的には60mを超えるでしょう。しかも、この等圧線の集中度をみると相当な強風が吹きそうです。
沖縄でもこの強さの台風が来ると電柱の倒壊や大規模停電、家屋や車などの損害がでますから、強度設定が低い内地の構造物は、さらに甚大な被害がでることが予想されます。

屋根が飛ぶ、電柱が倒れる、看板がちぎれて空を飛ぶ、車が転がる、高潮・洪水で浸水被害が出る、、、そんなことが普通に起きるレベルの台風です。
運動会の心配してる場合じゃありませんよ!!!!

沖縄の家は、壁から屋根までコンクリートの一体構造ですから、雨戸さえしっかり閉じてしまえば、建物の被害がでることはほとんどありません。

P7070050
それでも、こないだの台風では手前のブロック塀が倒壊しましたけどね。
まぁ、このくらいは大したことありませんw
P9050006
むしろ、鉄筋も入ってない積んだだけのブロック塀で、いままで40年以上もよく持っていたなぁと(笑)

この時の最大風速が毎秒55m。今回はこれ以上の台風が本土を直撃するんですよ。
ということで、台風慣れしていないナイチャーの方々に、宮古島在住5年のわたくしが台風対策の基本をお教えしましょう 。
<(`^´)>エッヘン!!

まずは風対策
風速40m程度だと沖縄の人は「そよ風」といいますが、それでも物が飛ばないように、飛んできた物が窓を突き破らないように、以下のような対策を施します。こうした万全の対策が台風被害を未然に防いでいるんですね。
まぁ、風速60m、70mという台風がきても、やることは同じなんですが(笑)

・窓は雨戸できっちり閉じる。
強風で押されるだけでなく、雨戸が引っ張られて外れることもあるので大きな雨戸は横木で押さえます。
P8070031
P8070024

・雨戸が無い窓はネットで飛散物対策
ウッドデッキの柱や電柱などを利用してネットを張っています。
P8070021
P9260015

雨戸もネットも使えない時は、ガラスに養生テープを貼って万一の時の飛散を防止すると言われていますが、養生テープって簡単に切れるし、アメリカ政府機関は「ガラスにテープを貼るとガラス自体の強度が低下するし、飛散する破片が大きくなるので逆効果」という見解だそうです
どっちが本当かはわかりませんが、沖縄ではガラスにテープを貼っているのを見たことありません。
・網戸は外す
サッシレールの一番外側にはめるタイプの網戸(普通の網戸はこれ)は、風で外れて飛びます。
外して室内に保管しましょう。

・サッシの漏水対策
 アルミサッシのレールから強風で押された雨水が湧き出してくるので新聞紙を詰め込みます。
PA080013

・飛散対策
植木鉢、プランターはもちろん、自転車、バイク、プランターの台、ポスト、犬小屋、テーブル、椅子、物干し竿、看板など、飛びそうなものは全て収納するか、ロープで固定します。
物置なども倒壊の危険があるので沖縄ではワイヤーで固定していますが、内地だとそこまではやってないですよね。
屋根だけのカーポートなども吹き飛ぶ危険性があります。
お店の看板やサインボードなども危険です。重い自動販売機でも倒れます。
植木は倒れる可能性が高いので、できるだけ枝をおろして根元にブロックを積んだり、材木で支えるなどの対策をしておきましょう。あ、おろした枝もちゃんと始末してくださいね。
P9060012
・雨樋い、側溝の掃除
枯葉やゴミで雨樋や排水溝が詰まっていると、水が溜まったり、吹き返して思わぬ水害を招きます。雨水がスムースに流れるように掃除しておきましょう。

車対策
車は空き箱とおなじなんで、40mの風でも転がります。
まずは満タンにして、重いものを中に詰め込んでおきましょう。
吹き曝しの駐車場に止めてある車であれば、風の当たりにくい壁沿いのところに移動するのも良いでしょう。その壁が倒れたら意味ありませんけどw

停電対策
千葉の台風でも一番問題になった停電。いまやライフラインNo.1ですね。
電柱の倒壊はもちろん、宅内への引き込み配線の断線などでも停電します。
オール電化の家ではなにもできなくなりますし、ポンプで給水しているビルでは断水になってトイレの水も流せなくなります。

・冷蔵庫
停電で一番困るのが冷蔵庫。
台風が来るとなったら冷凍食品や腐りやすいものは、先に食べたほうがいいです。アイスとかは真っ先に(笑)
そしてありったけのペットボトルに水を入れて、冷凍庫で凍らせておきます。
これで開け閉めをしなければ停電しても2日間くらいは大丈夫。
P8070019
P8070020
冷凍庫で凍らせたペットボトルを冷蔵室にいれておけば、停電しても冷たいビールが飲めます(笑)

・カセットコンロ
オール電化でIHのおうちでは停電すると火が使えませんから、カセットコンロは必需品。
こんな奴ですね。まぁ、どこのお家にも鍋用にあると思いますけど。
いざ使おうとしたらつかない!とか、ガスボンベが無い!とかにならないように、チェックしておきましょう。

水と火さえあれば鍋でご飯は炊けるし、麺類も茹でられるし、お好み焼きもできます。
あとはレトルトのカレーやパスタソース、カップ麺、パンなどがあればひと月くらい楽勝で生きていけますw

・照明
昔懐かしいロウソクでもいいですが火事の心配もありますんで、こんなLEDランタンがあると助かります。これは充電、電池、ソーラー、手回しのいずれでも使えるのでとっても便利。

懐中電灯やヘッドライトは防水仕様のものがいいです。


近頃は単三電池ではなく18650規格の充電池を使ったものもありますが、いざという時に充電できてないとなると意味がないので、単三電池使用のものが安心です。充電池を使いたければ単三型充電池を使えばいいだけですからね。

・カーインバーター
台風が過ぎ去った後でもすぐに停電は復旧できないのは、千葉の例を見てもわかりますね。
台風慣れしている宮古島でも2日間くらいの停電は普通です。
そんな時には車のシガーライターから電気を取るコンバーターがあると便利です。
停電時にはブレーカーを落とす
停電が復旧して通電した時に火災が起こることがあります。
停電が長期になる場合や、家を離れて避難所などに行く際には、ブレーカーを全て落としましょう。
通電火災について


近頃のマンションはタンクからの落下式ではなく、ポンプで汲み上げる方式が主流なので、停電=断水になることもあります。断水したらトイレの水も流せなくなるんで、飲料水以外にも風呂桶に水を張っておくなど、生活用水を確保しておきましょう。

通信
停電すればTVも見れないしWiFiも使えないし、アンテナが倒れれば携帯もつながらない。
現代人にとっては情報途絶が一番心理的ダメージが大きいんじゃないでしょうか。特に仕事で「今日ネットにつながらないと100万円すっとぶー!!!」とかいう人もいるかもですね。

被災時の一番確かな情報手段はポータブルラジオ。
こんな昔ながらの奴が一番頼りになります。
ネット回線については光ケーブル自体が切れている可能性もあるので、普及にはかなり時間がかかるケースもあります。
ですから近くのフリースポットかネットカフェなどを利用することになります。
図書館などの公的施設でフリーWiFiを設置しているところもあります。
意外と穴場なのは空港。情報が途絶したら仕事になりませんので回線は最優先で復旧されますし、カフェもあるので快適にお仕事ができます。

台風通過後の注意
台風が通過した後でも危険が無くなったわけではありません。
河川や海に近づかないのは当然ですが、冠水した道路を不用意に歩くと蓋が外れたマンホールに落ちることもあります。詰まった側溝を掃除していて流された人もいます。側溝って捕まるところが無いから、ハマるととっても危険なんですね。
電柱から垂れている電線なども電気が切れているかどうかわからないので、絶対に触ってはいけません。
千葉の台風の後、屋根の修理などで落ちてケガをする人が相次ぎましたが、高所作業は必ず安全帯をしてロープで体を確保して行いましょう。


台風19号の被害が最小ですむことを祈ります。


こんな宮古島と大浦部落の暮らしに興味のあるかたは、クリックをお願いします♪

移住天国・宮古島
宮古島に家を買って内地から引っ越してきて、早や六年目になりました。
都内首都圏に比べると宮古島での生活は、基本的にお金がかかりません。

まぁ贅沢をすればキリはありませんが、普通に島の物を食べて、海であそんで、庭に作った畑の手入れをして、地元の趣味のサークルなどのお付き合いに参加して、たまに外食といった普通の暮らしであれば諸経費込みでも夫婦で月に10万円もあればお釣りがきます。

ドン・キホーテやイオンもあるので生活の不便はほとんどありませんし、アマゾンなどのネット通販を使えば、手に入らないものはほとんどありません。

うちはもともと夫婦して素潜りが好きで宮古島に引っ越してきたし、ブランド品やおしゃれなカフェやレストランには全く興味がないので、これで十分に幸せです。
というか、そーゆーものが好きな人は離島に移住なんかしないですよね(笑)
本当に移住するのに宮古島ほど良いところはなかったと思っています。
P2280108

リゾートバブルがやってきた!
と言えたのも3年前までの話。
当時は市内中心部の2DKのアパートの家賃が5,6万円。
普通のスラブヤーの築古中古戸建が300~500万円で買えました。
石垣島に比べるとリゾートや移住地としての知名度がイマイチだったお陰で、中古戸建は石垣よりも随分と安い値段で取引されていたんですね。(物件数はごくわずかでしたが)
それが今や、15平米のワンルームの家賃が11万円。
中には風呂トイレ共同のコンテナハウス、2.5畳で9万円などと言うとんでもない物件まであります。
島の人が昔から住んでいたアパートでも「来月から3万円値上げ。いやなら退去」という、とんでもない話が横行しています。

中古戸建にいたっては、3年前に500万円程度のものが、2000万円とか2500万円とか、首都圏の中古戸建のような値段になっています。

もちろん仕事も増えていますが、上がったのは内地から来る工事現場の人工代だけ。
島の一般企業の給料は変わらず、月に15万円程度です。(初任給じゃありませんよ!)
生活費が変わらなくても住宅費用がこれだけ高騰すると、島で働いて生活しようと考えている人が移住できる島ではなくなってしまいました。

移住者のパターン
「南の島のゆったりとした時間の中で、人間らしく暮らしたい」
そう思って沖縄移住を考える人は、今も後を絶ちません。

でも、地元の人ですら「生活が苦しい」と言っている土地で、他所から来た人が「ゆったり人間らしく暮らせる」かどうか、ちょっと冷静に考えればわかりますよね。

島で暮らしているナイチャー移住者は、いくつかのパターンに分かれます。

ゆったりと島暮らしを満喫している人
・年金や家賃収入などの不労所得がある人。
・内地の企業を対象にしたテレワークで、内地水準の所得がある人。
・島での商売に成功して、従業員を使って仕事を回しているビジネス・オーナー。
・なんだかよくわからないお金持ち(笑)

働きながら島暮らしを楽しんでいる人
・特殊な技術をもっていて、安定して高収入を得ている人。医療やIT関係者などが典型例です。
・島の企業で、それなりのポジションに就いている人。移住古参組が多いです。
・内地企業の転勤者。内地基準の給与に赴任手当までもらって優雅な生活ができます。

働きながら普通に暮らしている人
・特別なスキルもなく、島の企業で一般職員として働いている人。
・個人事業主
・農業従事者
・内地嫁、内地婿。宮古島の人と結婚したナイチャーなので移住者とは言わないかも。
・なんだかよくわからない風来坊。

移住者の天国と地獄
安かった頃に宮古島の戸建てを買って、年金や内地の家賃収入などで暮らしている人にとって、生活費の安い宮古島での暮らしは、なんの問題もありません。
家賃収入といっても首都圏の自宅を賃貸に回したり、家賃5万円程度の物件を複数もっていれば十分に暮らせるので、ちょっとした投資に成功すれば、南の島で快適なリタイア生活を送れます。
首都圏であれば月に3~40万円のお金が必要ですが、南の島ではその半分以下で楽々生活できますし、綺麗な海で遊び、格安の練習場やコースでゴルフに興じることも可能です。内地で暮らすには不十分な不労所得でも南の島なら優雅に暮らすことができます。
以前にタイなどの物価の安い国に年金生活者が移住することがブームになりましたが、あれと同じ仕組みですね。
中には内地と宮古島の家を行ったり来たりして、優雅に暮らしている方も沢山おられます
こういった暮らしを狙うには、今の不動産バブル真っ盛りの宮古島は厳しいでしょう。まだ不動産価格がそこそこ安定している石垣島や沖縄本島の一部などのほうがマシと思います。
それ以前に、「そもそも賃貸用不動産を買う金なんかないよ」と言われそうですが、ものはやりよう。わずかな自己資金から不動産投資を始めて成功している人もいます。資金の不足は頭と時間と身体をつかえば、どうとでもなるものです。


個人事業主にとって、急激なリゾートブームに沸く宮古島は、成功のチャンスが多いところかもしれません。
軽ワゴンを改造してタコスやチキンをビーチで売っていた人が、いつの間にかお店のオーナーになっていたというようなケースは、さほど珍しくありません。
上手く成功すればビジネス・オーナーにもなれます。
成功するためには本人のセンスと才覚と根性が必要ですが、アイデア次第ではまだまだ隙間があります。自信のある人には挑戦する価値がある分野でしょう。

一番大変なのは、島の企業で一般職員として働きながら「普通の暮らし」をしようと思っている人たちです。
まず、内地の人が考える「普通の暮らし」と地元の人の「普通の暮らし」に大きなギャップがあります。
給与面以外での一番のギャップは子育てで、全国平均よりも生徒の学力が低い沖縄や、それよりもさらに低い離島で、内地の親が考える「普通の教育」「普通の進学」を求めることが、いかに難しいかという現実に直面します。
「豊かな自然の中でのびのびと子育てをしたい」と思って移住する方も多いのですが、「のびのびした子育て」の結果は、内地レベルでの高校や大学の進学を考えたときに、反動となってかえってきます。

仕事も当然「内地レベルの給与」や「内地レベルのキャリアパス」は考えられません。
島の人たちは「仕事は生活のため」と考える人も多いので、「仕事で自己実現」といった考え方が薄いという意識の違いもあります。実際に「昇進するのはなんぎー」という沖縄の人は多いです。
仕事よりプライベートを優先することも普通で、ある意味欧米的とも言えます(笑)
これを、どっちが良い悪いと考えても無駄。その地、その場にあった対応が必要なのは当然のことですね。
親族経営の会社も多いので、とんでもない不条理が普通にはびこっていますし、昇進に関しても「地元優先」は普通です。
地元企業への就職にあたって「内地の高いレベルの仕事が役に立つはず」と思っている人もいるようですが(そう言われたりもします)それは大きな勘違いで、同僚には「小うるさいイヤなナイチャー」としか思われません。職場でのヒエラルキーは地元の人が上で、ナイチャーは下が現実です。
給与以外の労働条件も土曜勤務、サービス残業は当たり前。仕事ができない(やらない)人の分も黙ってカバーしなければならず、利害や意見が対立した時には「ナイチャーだから」と言われます。ブラックで不条理な面は覚悟しておくべきです。
そもそも親戚や血縁で経営している企業が多く、従業員もどこでどうつながっているのかが移住者にはわからないので、うかつな言動は慎むことが必要です。

内地系企業なら大丈夫かというと、そのような企業では「内地雇用」と「現地雇用」で給与や処遇に明確な格差をつけているのが普通です。
このような状況でも島の人たちと打ち解けて、島の生活水準で暮らせれば良いのですが、一度不満を感じると、それがどんどん増殖して、どうにもならなくなってしまう人も沢山います。

それで夢破れて内地で再就職しようとしても、就職活動はなかなか上手くいきません。企業の採用者は「沖縄で仕事がちゃんとできない奴に内地の仕事は無理でしょ」と思うのが当然です。
その結果として、一時の夢に踊らされた自分を後悔しながら南の島で生きつづけることになるという、とても残念な人がいるのも現実です。

内地の大学に行って内地の企業に就職した島の人が、なぜ島に帰ってこないのか、よく考えてみてくださいね。都会の人は気づかないかもしれませんが、島でしか得られない生活があるのと同様に、都会でしか実現できない生活があるのです。

この他にも、株のデイトレーダーとか、アルファブロガーとか、ユーチューバーとか、いろんな可能性もありそうですが、そちらは全くわからないので割愛します(笑)。

移住は計画的に
とりあえず働いて暮らせればオッケー!といった、その日暮らし派の移住者も沢山います。
男性であれば建設作業や農業の手伝い、女性であればキャバクラのホステスやカフェの店員など、その場限りの仕事ならいくらでもあるので、それらを上手くつないでいけば、島で働いて暮らすだけなら何も問題はありません。
そこから色々なご縁が生じて、良い結果に結びつくこともあるでしょうから、その日暮らし的な移住が悪いとも、一概には言えません。

しかし、家族連れのサラリーマンが「普通の生活」を頭に描いて島に勤め先をみつけて移住してくると、思い描いていた「普通」とあまりに違う世界に驚くことになります。
「勤め先があればなんとかなる」という考えは、必ずしも通用しません。

そして、もし万が一、移住暮らしが嫌になったときのリスクが非常に大きいのが、内地の引っ越しとは違う「沖縄移住の怖さ」です。
移住計画というと移住するための計画ばかりを考えてしまいますが、いつまでもそこに住み続けること、将来的に起きることまで含めた計画を立てなければなりません。

これは島の職場や人間関係だけの問題ではありません。移住して島に生活基盤を作るだけならどうにかなっても、将来的な子供の進学、親の介護などで島での生活を続けられなくなることも、あり得ます。
そういった将来のリスクを移住前に織り込んで移住計画を立てておかないと、先々こまったことになるのは目に見えていますよね。そこで後悔しても遅いのです。

特別なスキルもなく、自営のビジネスを作る根性もない普通の企業のサラリーマンでしたら、慌てて移住せずに、今のうちに頑張って資産形成をして、子供の進学などが一段落した時点で沖縄移住を考えるというのも、いいのではないでしょうか。
「どこに行っても暮らせるけど、沖縄が好きなんで沖縄暮らしをしています」
そんな生活を実現することは、決して不可能ではありません。


↓ 宮古島と大浦部落に興味のあるかたは、クリックをお願いします♪

人気ブログランキング

8月24日にイムギャーマリンガーデンで、シュノーケリング中の観光客の親子3名が高波につかまって沖合に流されましたが、幸い無事に救助されたそうです。

イムギャーマリンガーデンは天然のプールのようになっていて、普段は安全な場所ですが、外洋から強いうねりや波が入っている時には、赤い矢印の橋の下に外に吸い出す潮の流れが発生します。
グラフィックス2(Google Mapより)
この橋の付近は魚の多いところなので、海が荒れている時に魚につられて橋の下に近寄ると、あっという間に外に吸い出されます。

24日は、ちょうど先島諸島の南を台風が通過していました。
宮古島も強風圏内にはいっていて陸上でも20m以上の風が吹いていましたし、海上には高波・波浪警報がでていて遊泳は控えるように、TVの天気予報などでも言ってましたね。
1911-00
(24日はちょうど石垣島の南を通過中でした)
私は当日のイムギャーの様子を見たわけではありませんが、この橋のあるあたりは外洋からの強いうねりが当たって、かなり強い波が砕けていたはずです。

なんで、そんな状態の海に入ろうとするのか?まったく理解に苦しみます。
命を賭けてもインスタ映えする画像が欲しいんですか?

宮古島は毎年、水難事故による死者がでています。
インギャーでも、毎年、シュノーケリング客が流される事故が数件発生しています。
そして、それはどれも台風の後の荒れた海で起きています。
内地だろうが沖縄だろうが、台風後のうねりが入ってる海で海水浴をするのは無謀な行為であるのは常識でしょ?

行政でもフリーペーパー、観光案内などで注意を呼び掛けていますが、海難事故は毎年後を絶ちません。

海が荒れているときに海水浴やシュノーケリングをするなんて、吹雪の冬山にハイキングにいくのと同じくらい、バカげた行為です。

助ける方だって命がけなんです。
ロクに海のことも知らないのに、台風が通過中の海に(しかもインギャーは台風の通過している南側です)子供を連れて入るなんて、子供を殺しに行くようなものです。

もう、観光客の方々は、海を甘く見るのもいい加減にしてください!

このブログの過去記事に、シュノーケリングの安全対策の記事を書いています。
ぜひこれを読んで、海の恐ろしさを肝に銘じてください。
第1話 シュノーケリングは危険なスポーツ
第2話 サンゴの海は内地と別物

シュノーケリングは手軽にできるマリンスポーツですが、シュノーケリングを安全に楽しむことは決してお手軽でもお気軽でもありません。
特にお子様連れの方や、普段から海に親しんでいない方は、あらかじめ関連書籍などで正しい知識を持つくらいの努力はしてください。

シュノーケリングなどのマリンスポーツをなさる方は、SNSなどで、このブログを拡散していただけると嬉しいです。
一人でも多くの人が海に対する正しい知識を持って、安全にマリンスポーツを楽しまれることを願ってやみません。

↓ 宮古島と大浦部落に興味のあるかたは、クリックをお願いします♪

人気ブログランキング

数年前の海水温の異常上昇で、宮古島のサンゴは大量白化による大打撃をうけました。
その後、一部では徐々に回復の兆しが見えていることは、この記事でお知らせしました。

今日は私が定点観測スポットにしている近所の海に行ってきましたが、なんと!
大量白化でテーブルサンゴが全滅したこの海の、波打ち際から50mのところに新しいテーブルサンゴが育っていました。
P8250068
まだ直径20㎝ほどのちびっ子ですが、これを見つけた時には本当にうれしくて涙がでそうでした。
その近くにも、こんな赤ちゃんサンゴが。
P8250067
P8250062
死んでしまったテーブルサンゴの上にも、新しいサンゴの息吹きが。
P8250065
P8250059
テーブルサンゴ以外のサンゴも育っています。
P8250050
P8250054
P8250052
P8250051
タコくんも嬉しそう。。。(笑)
P8250057

ここの海は海岸線の工事による土砂の流入で海底の砂も薄茶色くなり、透明度もガタ落ちになってしまったので、サンゴの復活は難しいかなぁと思っていたんですが、どっこいサンゴは頑張っています。
これ以上、環境破壊や観光客による悪影響がでないことを祈るばかりです。



こんな宮古島と大浦部落の暮らしに興味のあるかたは、クリックをお願いします♪

近頃は海に行っても悲しいことばかりでしたが、久しぶりに楽しいシュノーケリングでした。

道から入れないとか、結構な長距離を泳がなきゃ行けないようなところには、まだ昔のような宮古の海が残っています。

ここは初めて行く場所で、以前からグーグルマップの画像で良さそうなところだなーと思っていた場所。道路からはアクセスできないんで、片道30分以上泳がないと行けません。

そうしてたどり着いた小さなビーチでしたが、これが予想以上に素晴らしい所でした。

波打ち際から10mも行かない浅瀬にサンゴが育っていて、
P8210032
その先は見渡す限りの枝サンゴの群落。
P8210020
場所によっては違うサンゴも育っています。
P8210018P8210019
表面に傷がまったくないオオハマサンゴ。
ちかごろは、これの上に座って写真を撮るバカな観光客もいます。
注意すると逆ギレされたりして、観光客の質がどんどん悪化しています。
ブームになるとロクなことはありませんな。
P8210031
そして、砂底には海藻がカーペットのように育っています。
これ、健康な海にとってはとても大切なこと。サンゴと海藻があってこそ、海の生き物が育まれるんですね。
P8210026
だから近頃は見かけることが少なくなった貝も、あちこちに。
P8210022
昔はシュノーケリングのポイントなど、観光客の方にも気軽に教えていたんですが、今は絶対に教えないことにしています。
SNSで拡散して、インスタ映え目当ての環境保護など気にしない人たちに、文字通り踏み荒らされることになりますからね。残念だけど仕方がありません。

もっとも、ここに行くには結構な距離を泳がなきゃならないし、流れもあるんで、こんなフィンでも履いてないと無理ですけどね(笑)
37da6366


こんな宮古島と大浦部落の暮らしに興味のあるかたは、クリックをお願いします♪

↑このページのトップヘ